本島から一番近い離島『津堅島』の観光スポット&アクセス方法

津堅島

シーたん
沖縄本島から一番近い離島「津堅島」の魅力を深掘り!おすすめの観光スポットや最新アクティビティ&手ぶらBBQが楽しめる穴場ビーチ、宿泊情報やレンタサイクルの借り方など、津堅島を100%楽しむ方法を紹介します!

津堅島ってどんな島?

沖縄本島から見た津堅島

津堅島は沖縄県中部に位置するうるま市の勝連半島の南東5kmの沖合に位置する離島。
面積は1.88平方キロメートル、周囲7キロメートルの小さな島で、人口はおよそ374人(令和2年国勢調査の時点)となっています。

津堅島の魅力とは

本島から最短15分で行ける離島

キャロット愛ランドマリンターミナル
津堅島はうるま市の平敷屋港から高速船で15分、フェリーで30分ほどで訪れることができる、本島から最も行きやすい離島です。
船の本数は一日5便づつ。うち最初の便と最終便が高速船による運行となっています。
気軽に日帰り旅行が楽しめる離島としてもおすすめです。

フェリーくがに・高速船くがに運行表

平敷屋港発 津堅港発
7:30 高速船 8:00 高速船
9:00 フェリー 10:00 フェリー
11:00 フェリー 12:00 フェリー
14:00 フェリー 15:00 フェリー
17:00 高速船 17:30 高速船

運賃

フェリーくがに
往復 片道
大人 1,240円 大人 650円
小人 630円 小人 330円
高速船くがに
往復 片道
大人 1,530円 大人 800円
小人 790円 小人 410円

ブランド野菜『津堅にんじん』

津堅にんじん
津堅島の土地の6割はにんじん畑となっていて、特産品のにんじんは津堅にんじんとしてブランド化され親しまれており、島にも『キャロット愛ランド』の愛称がつけられています。
根菜の栽培に適した「島尻マージ」という赤土と、ミネラル豊富な潮風が畑の上を通ることで土が肥え、糖度が高くおいしいにんじんが出来上がるのだとか。

甘くてジューシーな津堅にんじんは主に県内外のホテルやレストランなどで味わうことができる高級品。ほとんどが出荷用となっているため島内で購入できるところはありませんが、収穫シーズン(2月~4月)になると島への玄関口である平屋敷港や、うるま市の特産品が並ぶお店うるマルシェの店頭にも鮮やかなオレンジの津堅にんじんや加工品が並びます。

お土産におすすめ!津堅にんじんサイダー

津堅にんじんサイダー

出典:Amazon

ミネラルをたっぷり含んだ甘い津堅にんじんをそのままピューレにし、シークヮーサー果汁とともにシュワッと爽やかなサイダーに仕上げたジュース。規格外のにんじんを活かして使用しているのでサスティナブルにも貢献できます。

価格
1本270円(税込)
賞味期限
製造から365日
販売場所
津堅港、平敷屋港、あずま商店、うるマルシェ、わしたショップ etc.
問合わせ
TEL:098-855-5560(農業生産法人合同会社 萌芽)
サーサー
収穫シーズン中はにんじんの収穫が体験できるイベントが開催されたりするよ!ぜひチェックしてみてね。

名産品『津堅もずく』

津堅もずく
津堅島ではにんじん栽培のほか、もずくの養殖も主要な産業となっています。
沖縄県はもずくの全国シェアの約9割以上を担っていることでも知られていますが、中でもうるま市勝連半島産のもずくが最も多く、その半数以上を津堅島のもずくが占めています。
こちらもうるマルシェなどで購入することができます。

透明度の高い『津堅ブルー』の海

津堅島,海
津堅島は、観光業が盛んな沖縄県にありながら観光地化がさほど進んでいない離島のため、地元以外の人からはほとんど知られていない穴場の離島と言われています。
春夏のオンシーズンになると旅行客が殺到する有名な観光地とは違い、ビーチが荒らされていないため、透明度の高い海を求めるダイバーからも密かな人気を集めているんです。

津堅島のおすすめ観光スポット

津堅島の簡易マップ
「津堅島はあまり観光業が盛んではない」と書きましたが、実は沖縄の海でマリンアクティビティを楽しみたい人にはとてもおすすめの穴場ビーチが、ここ津堅島にあるんです

『トゥマイ浜』なら最新アクティビティが楽しめる

津堅島シークルーズ,トゥマイ浜

島のメインビーチは西側にある『トゥマイ浜』。エメラルドグリーンの海と白い砂浜のロングビーチを広々と利用することができます。

とにかく透明度が高く、岩場には熱帯魚も住んでいるのでシュノーケリングにも最適。天然ビーチですがきちんと整備されているので、お子様も安心して遊ぶことができます。

津堅島シークルーズ

津堅の海の家津堅島シークルーズ

トゥマイ浜で遊ぶ時には、島唯一の海の家『津堅島シークルーズの利用がおすすめです。

津堅港からビーチまでの車での送迎はもちろん、海で遊ぶためのマリンアイテムのレンタルや、「クリアSUP」「イーフォイル」といった話題のアクティビティも用意されていて、津堅島の美しい海を思う存分満喫することができます。
用意されているアクティビティの種類はなんと県内No.1なんだとか。

津堅島シークルーズ

食事(軽食・バーベキュー)の提供、男女別シャワーやトイレ、女性専用パウダールームなどの施設サービスもとにかく充実していて「清潔でよかった」「また利用したい」という高評価の口コミも多数投稿されています。

シーたん
海を眺めながらの手ぶらバーベキューも大好評実施中!
BBQは秋冬のオフシーズンでも楽しめるみたいだよ!ぜひチェックしてみてね。
津堅島シークルーズ
最短15分で行ける!穴場の離島ビーチを独り占めしよう 津堅島シークルーズは、うるま市勝浦半島の沖合にある津堅島のメインビーチ・トゥマイ浜にある海の家。 津堅島は観光客がさほど多くない穴場の離島だから「運が良ければ沖縄の美しい海を独り占めでき...

『ヤジリ浜』は写真撮影にもおすすめ

ヤジリ浜

島の最北端には『ヤジリ浜』というビーチもあります。こちらは海の家もなくシャワーやトイレなどの施設もないため、気軽に海水浴を楽しむビーチというより、景色を眺めたり写真撮影に訪れるのがおすすめとなっています。
オンシーズン中でもトゥマイ浜ほどは人が集まらないので、プライベートビーチ感を味わいたい方は訪れてみるのも良いかもしれません。

監視員がいないため、海に入る際は注意して遊びましょう。

津堅港からはやや距離があり駐車場もないため、訪れる際にはあずま商店さんでレンタサイクルを借りていくのがおすすめです。

にんじん展望台

津堅島,にんじん展望台
島随一の高台『にんじんの展望台』は、津堅島の景色を一望できる場所。可愛らしいにんじんの形をしており、写真映えするレトロな雰囲気で人気となっています。
展望台と言っても高さはあまりなくサンダルでも問題なく登れるので、島めぐりの際にはぜひ気軽に登ってみてください。ここから見る海の景色はまさに絶景ですよ!

津堅島には、このほかにも様々なところでにんじんモチーフのものが見られます。島を訪れる際にはぜひにんじんめぐりを楽しんでみてください。

ホートゥガー

ホートゥガー
『ホートゥガー』とはその昔、津堅島が日照りによる水不足にあえいでいた時に、鳩が羽を濡らしているのを見つけ、不思議に思ってその鳩がいたところを掘ってみたところ湧き水が出たという伝説のある井戸跡地のこと。
ホートゥは鳩、ガーは泉を意味しています。

この古井戸の近くには『マカー』という男女の形をした鍾乳石があり、子宝のパワースポットとして多くの人が訪れています。
やや足場の悪い石階段を降りていくことになるので、歩きやすい靴で向かうようにしましょう。「この階段上から見える海が絶景!」と言う方も多いので、ぜひチェックをお忘れなく!

ホートゥガー / マカー
津堅島の子宝パワースポット うるま市にある津堅島は勝浦半島の平敷屋港から高速船で15分、フェリーで30分弱で上陸することができる離島。「ホートゥガー」「マカー」はそんな津堅島で「子宝に恵まれる」と言われている強力なパワースポットです。 ホー...

旧灯台跡

旧灯台跡
実は沖縄県で初めて灯台が設置されたのがこの津堅島。1896年に建てられましたが、戦争により破壊されてしまったそう。
現在は沖縄最古の灯台の貴重な跡地として、当時を思わせるレンガ造りの台座が残されており、灯台マニアにはたまらない雰囲気が漂う場所となっています。
場所は島の南側、津堅港から歩いて10分ほどのところに位置しています。
ちなみに、新しい灯台はにんじんの展望台近くに建っています。

津堅島のレンタサイクル情報

あずま商店

津堅島は周囲7キロと気軽にサイクリングが楽しめる大きさの島です。自転車は島にある『あずま商店』さんで1日500円でレンタルすることができます(港にある仮設店舗でも借りることができます)。
あずま商店では他にも津堅にんじんの果肉を使ったにんじんサイダーをはじめとした食料品や日用品なども用意されていますので、島めぐりの際はぜひ訪れてみてください。

※不定休のため、ご利用の際にはお電話にて営業日をご確認ください。

あずま商店
住所
〒904-2317 沖縄県うるま市勝連津堅1195
問合わせ
TEL:098-978-4029
休業日
不定休

津堅島にある宿泊施設

神谷荘

津堅島に泊まるならトゥマイ浜近くにある神谷荘がおすすめです。
宿泊はもちろん、食事のみの利用もOK。他にもアクティビティのプランやフォト撮影プランもあるので、津堅島を訪れるならぜひチェックしてみてください。

民宿OUCHI

よりアットホームな雰囲気を味わいたいなら『民宿OUCHI』がおすすめ。
一日一組限定の一棟貸しの民宿で、訪れる当日は表札に自分の名字を掲げてもらえるサービスもあり、まるで沖縄の離島に別荘を持ったような気持ちで沖縄時間を過ごすことができます。
ペット同伴可や10名ほどの団体でも利用できるので、親戚を含めた家族旅行やお友達同士の団体旅行での利用も可能となっています。
詳しい条件は民宿OUCHIへ直接お問合わせください。

 

サーサー
今回は沖縄でも穴場中の穴場、本島から15分で行ける離島・津堅島の魅力に迫ってみたよ!
オフシーズンでも島めぐりやBBQが楽しめる離島だけど、事前予約が必要だったり閉まっているお店もあるから、問合わせてから行くのがおすすめ!
ぜひ遊びにいってみてね!

 

タイトルとURLをコピーしました